HBインストラクター

医薬品・化粧品販売のスペシャリストを育成
“地域の美と健康の相談役”として店舗運営をサポート!

2009年新卒入社/販売促進課 HBインストラクター

担当店舗で美と健康に関する研修・指導・売場の確認を繰り返し行うことで、
“医薬品・化粧品の販売促進”という会社の重要ミッションを担う。

Q1.現在の部署・役職ではどのような仕事をしていますか?
HBインストラクターの仕事は、医薬品・化粧品の情報提供を通じて“地域の美と健康の相談役”として従業員の皆さんが自信を持って店頭に立てる環境をつくることです。具体的には、毎月行う医薬品・化粧品の勉強会の実施および運営が主な仕事です。例えば医薬品勉強会では、お客様からの医薬品の相談に対して従業員が的確に医薬品を選ぶことができるように指導し、従業員のスキルアップにつながるように心がけています。また、商品の紹介だけではなく、お客様の相談内容に関連する生活上のアドバイスもできるように、毎月の勉強会の内容を工夫しています。
(※HB=「ヘルス&ビューティ」の略)
Q2.仕事をする上で心がけていることは?
勉強会は、10代~60代までの幅広い年齢の従業員が受講します。そのため、話すスピードや言葉に気を配り、全ての受講者が勉強会の内容を理解できるように心がけています。また、学んだ知識を店頭ですぐに活用できるように、お客様目線・現場目線での情報提供を大切にしています。勉強会後に、パートナーさん(パートさん)からの「商品(情報)をお客様にご紹介したところ、喜んでいただけました!」といった声を聞くと、私の仕事がお客様まで届いたことが実感でき、非常にやりがいを感じます。
Q3.どんな人が向いていますか?
医薬品・化粧品に興味があることと、お客様や従業員とのコミュニケーションが好きな人に向いていると思います。また、美容と健康の情報は日々新たなものがでるので、情報・知識のアップデートが欠かせません。なお、社内に対して情報を発信する側の仕事ですが、お客様や従業員との会話の中で、私がまだ知らない情報を逆に教えてもらうこともたくさんあります。そんな時には、インターネット等で詳細をさらに調べます。なぜなら、そこでまた発見があり、新たな情報発信につながることが多いからです。よって、トレンドに敏感でアンテナを高く保つことができる人に、HBインストラクター仕事は向いていると思います。